Top
門袖 日干し風レンガ
外構工事、つづいています。




門袖には日干し(風)レンガを積んでいます。
a0171899_2312547.jpg


日干し煉瓦はアドベとも呼ばれ、アフリカや南米などの乾燥した地帯でよく使われる建築材料です。左官の横山さんはボリビアへ日干し煉瓦製作の指導に行かれたことがあるそうです・・・!そのときは土と藁を日に干した従来のレンガが耐久性が乏しかったので、石灰を入れる指導をしてきたそうです。が、その後現地の人は手が荒れる、とかいって結局石灰を入れないものに戻ってしまったとか。

このブロックは京都の丸浩工業の『土塊ブロック』という製品です。材料は土・紙・砂・石灰で、粉砕すると土壌に還元するエコ製品です。
見た目はほとんど土の塊で、表面はすでに風化が始まっているような風合いです・・・・。




鉄筋を通す穴などは現場であけていきます。コンクリートブロックを積むのと同じように施工していきます。
a0171899_2311837.jpg


a0171899_232756.jpg





切り口です。  ・・・・・内側はソフト
a0171899_2311020.jpg





積みあがるとこんな感じに。このあと表面をはつっていきます。
a0171899_2321483.jpg




続きます。
[PR]
Top▲ | by im-bau | 2011-12-26 23:28 | 家づくり
<< 日干し風レンガ  つづき | ページトップ | 駐車場 >>
"sakura3" Skin
by Animal Skin