Top
材木屋さんへ
私たち夫婦が現在暮らしているのは茨城県の南西部ですが、最近家の周りの畑がどんどん分譲地に変わっています。家から見える所でも、今年になってから松崎しげるのCMで北関東の人にはおなじみの工務店の施工した住宅が15棟ほど建ちました。新聞などを読むと住宅は飽和しているかの印象を受けますが、やっぱり戸建願望というのは根強いものだな、とひとごとのように思うこのごろです。

さて、そのような新築物件より若干ディープな感じで進めさせて頂いているマイ・ホームですが、ぼちぼち7月頃から内部にも着手できそうだということで、まだ決まっていなかった材料を見せていただくためにヨシモクへ。


a0171899_1415070.jpg



出窓の窓台や玄関の上り框など、主要なところは大体決めることが出来ました。1階はフローリングが胡桃なので雑木で合わせたり、杉の木目を比べて選んでみたり、と楽しい時間です。

1枚ものの幅広の板材は樹種によって値段はまちまちですが、プラス加工手間もかかるので既製品のカウンター材より相当高くつきます。

ということで集成材などもとりまぜポイントを絞って無垢板を使う予定でしたが・・。どうやら予算より余分にお買い上げしたようです。


仕上がりが楽しみです☆
[PR]
Top▲ | by im-bau | 2011-06-19 02:12 | 家づくり
<< 風 通 し | ページトップ | 板金工事 その2 >>
"sakura3" Skin
by Animal Skin