Top
給排水管の配管
上棟予定は4月1日でしたが、遅れています。桜が散る前には棟を上げたいところですが、もうしばらくかかりそうです。
現場の方は足場を建てる前に、先行で外部の配管を行いました。
給水管、排水管などを敷設します。敷地北側にはトイレ、お風呂などの排水桝と、給湯器の排水を受けるトラップ桝が並んでいます。
a0171899_1046421.jpg

給湯器は1階用は古い家についていたものを付け替え、新規で2階用、床暖房用の計3台が並びます。全てを1台にまとめることも出来ますが、既存のものがまだ新しかったことや壊れたときのことを考え、そのような形にしました。複合機能の給湯器を使った方がイニシャルのコストは安いかと思ったのですが、あまり一般的でない製品なので購入する金額は高くなってしまいました。
建材や設備機器はものやメーカーによって掛け率が大幅に異なるので、定価で判断できないことが多々あります。全てをオリジナルにすると実際の品質差以上にコストがかかってしまうことがあるので、大量生産のものをうまく取り入れつつコストダウンしていく工夫をしたいところです。

メーターの移動や、最終桝の入れ替えなども行いました。
a0171899_10412481.jpg

この地域では今年度の終わりに給水本管の入れ替え工事があるので、メーター周りはコンクリートで固めないような仕上げにしておき、後で工事がやり易いようにしておきます。
[PR]
Top▲ | by im-bau | 2011-04-06 11:09 | 家づくり
<< 構造材の仕上げ | ページトップ | 基礎工事おわり >>
"sakura3" Skin
by Animal Skin