Top
柱状改良
基礎工事に入る前に、柱状改良を行いました。

土を掘削しながらセメントと土を混ぜた液体を注入し、地盤と攪拌しながら地中に円柱状の杭を作ります。
今回の杭長は3m、径は直径600mmです。
a0171899_20285877.jpg


あらかじめマークしておいた位置にキリの先端をあわせて垂直に掘削します。
位置についてはあまりシビアでないので、目視で確認しながら進めます。
a0171899_20294466.jpg


半日くらいして少し固まったところで、杭頭を所定の高さになるよう仕上げます。
杭の上に直接べた基礎が載って荷重を伝えるので、精度が要求される工程です。
a0171899_20324739.jpg


2日に渡る作業で、計52本の杭を打ち終わりました。
[PR]
Top▲ | by im-bau | 2011-02-10 20:45 | 家づくり
<< 墨付け | ページトップ | 地鎮祭 >>
"sakura3" Skin
by Animal Skin