Top
はじめに
自宅の新築を機に独立した建築士です。昨年まで設計事務所に勤めていました。
木や紙、土など日本の風土に適した素材を使って仕事を展開していきたいと思っています。

タイトルの im Bau はドイツ語で建設中、という意味ですが、木(Baum)をふんだんに使った建築、という意味もこめています。木の扱い方、活かし方はとても奥が深いのですが、その魅力を引き出すことも木造建築の醍醐味だと感じています。

 
これから私の主人の実家を建て替え、2世帯住宅をつくる様子を記録していきたいと思います。新たに一緒に住むのは義父(82)、義母(80)、主人(43)、と嫁である自分(36)の4人になります。
主人と私は今までは賃貸のマンションで暮らしていました。仕事の都合で結婚後も何回か転居しているので住む場所が変わるのは抵抗がないのですが、家を構えるとなると、いろいろ重圧も感じます。
そんなことも含め、家族の生活自体がどう変わっていくかも観察していこうと思います。
[PR]
Top▲ | # by im-bau | 2010-12-05 21:49 | 家づくり
| ページトップ |
"sakura3" Skin
by Animal Skin